友達が自己破産するらしい

どうやら友達夫婦が離婚するようだ。さらにその旦那は家を残して自己破産するらしい。
そんなことできるの?って疑問におもっていたらここにも書いてあった。
家を残して自己破産
自己破産なんて他人事だと思っていたから身近で起きると少し怖い。


自分に非が無く、相手の浮気や暴力などによるものが原因で
離婚に踏み切った時には、配偶者に慰謝料を支払ってもらうことが可能。

離婚する時の慰謝料は、配偶者から受けた身体的・精神的苦痛を金銭で償ってもらうものです。
それでは、離婚の際の慰謝料というのはいくらくらいが適正なのでしょうか。
芸能人などが離婚するときには、慰謝料が億単位であるとテレビで取り挙げられることがあります。
でも、それは通常の家庭ではほとんどない話しなので、特別な事例であることを覚えておきましょう。
離婚の慰謝料に関して、何か基準があるわけではありません。
規定の基準が設けられていないとはいえ、離婚の原因となったことや過去の慰謝料の統計などを考慮して、だいたいの相場を計算することが出来ます。
離婚の問題は様々ですから、出された相場に全ての人が一致するとは限らないでしょう。
ごく普通の家庭だと、およそ100~300万円ほどが妥当ではないでしょうか。
どんなに高くても400万円くらいと見ておきましょう。
夫婦であった期間が長いほど、慰謝料も多少は割り増しされます。
なぜかと言えば、結婚していた年月の長さによって取るべき責任の大きさが変わってくるためです。
話し合いの際に夫婦間でもめてしまうようならば、離婚に至った原因や結婚の年数などいろいろな事柄を検討して、裁判官によって最終判断がなされます。
相場を知ることは大切ですが、参考資料として考えておきましょう。
配偶者に不貞行為があった時は、離婚の際に慰謝料請求をしましょう。